会社沿革

   
昭和3年6月名古屋市西区江西町1丁目20番地にて創業
昭和22年11月名古屋市西区菊井通7丁目13番地に社屋を取得し、
資本金180,000円にて相互産業株式会社設立
昭和26年12月資本金を2,400,000円に増資
昭和31年6月相互不動産株式会社へ社名変更
昭和45年1月名古屋市西区江川端町5丁目3番地の2に新社屋を建設し移転
昭和49年6月資本金を10,000,000円に増資
昭和55年10月名古屋市住居表示実施により名古屋市西区城西3丁目21番地12号に変更
昭和63年2月名古屋市西区新道1丁目1番1号に新社屋SS23ビルを建設、移転
 
上記の間、民間不動産会社としていち早く、優良なる宅地供給を企業理念とし、昭和34年・三重県津市大谷町(みどりが丘)にて宅地造成事業(施行面積 178,200㎡)を行う。

昭和40年法人・個人企業用地売買及び仲介、併せて賃貸借マンション仲介・管理業務
昭和41年名古屋市戦災復興土地区画整理事業審議会委員として、
名古屋市土地区画整理事業等に参画、市街地形成に寄与
昭和45年宅地分譲・木造在来工法による戸建住宅分譲を行う
昭和63年新しい時代の不動産流通業をめざし、新社屋SS23ビル建設を機に、
相互不動産株式会社内に情報のショールーム ふ・ど・う・さ・ん図書館を開設
平成6年ツーバーフォー工法(三井ホーム施工)による戸建住宅分譲を行う
平成9年高規格宅地分譲を開始
 

元社長 須永正臣は会社運営に当たる他、業界組織及び公職活動を行なう。

昭和41年10月愛知宅地建物取引業審議会委員
昭和42年6月(社)愛知県宅地建物取引業協会会長
昭和42年9月(社)全国宅地建物取引業協会連合会中部地区協議会会長
昭和43年5月愛知県不動産公正取引協議会創立発起人代表・会長
昭和45年3月名古屋商工会議所不動産部会・副部会長
昭和49年9月愛知県国土利用計画地方審議会委員
昭和55年6月(社)全国宅地建物取引業協会連合会会長
昭和55年6月(社)全国宅地建物取引業保証協会会長
昭和55年11月(財)不動産流通近代化センター創立代表発起人・理事長
昭和55年12月建設省住宅宅地審議会専門委員
昭和57年8月国土審議会中部圏開発整備特別委員
昭和59年3月世界不動産連盟日本支部・副支部長
昭和59年3月日本不動産学界設立発起人・理事
昭和59年4月(財)不動産適正取引推進機構設立発起人・理事
昭和60年8月(財)マンション管理センター評議員
 

主な受章

昭和47年7月宅地建物取引業に協力し、公共の福祉に貢献したとして建設大臣表彰受章
昭和48年11月建設事業関係功労者として黄綬褒章受章
昭和53年1月土地区画整理事業に貢献したとして名古屋市長感謝状受賞
昭和54年11月永年宅地建物取引業に専念し、業界発展に努めたとして愛知県知事表彰受賞
昭和61年11月永年にわたる建設事業関係の功績に対し、勲三等瑞宝章叙勲
 

このページのトップ